読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

櫛田だけど北島健二

ニキビというのは、多いに悩むことも多いと思います。
ニキビが出る時期というのは、思春期が主となりますから、気にかかってしょうがなかった人も多かったのではないかと思います。元々、予防していくことも大切ですが、お薬で改善していくこともできます。



薬屋へと行き、薬剤師に聞いてみたりすると、合う薬を教えてもらえます。ニキビが白く膨らんでいるのを見つけると、気になって触ってつぶしてしまいます。ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのが大好きなんです。



ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。ニキビ跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなって再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。一般的にニキビになると潰してしまう方が確立的に多いようです。結果、跡が残るから潰すな、と、いう説が主です。

なるべく早めに治療するには、ニキビ専用の薬がベストかと思います。
潰したニキビ跡にも効能があります。

顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、ニキビ箇所を選んで薬を塗ります。
ニキビの跡としてよくあるトラブルが、クレーターのような肌のくぼみや肌に黒い跡が残ってしまうことです。クレーターの問題は専門の医療機関である皮膚科で治療を受けないとなくすことはできませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品を使うことで少しずつ薄くするという対策もあるのです。

ニキビを作らないようにする上で大切なのは、菌が住み着かない環境を準備することです。


ファンデーションのパフに汚れが付いたまま、枕をしばらく洗っていない、手で肌に触る等は、顔に菌を塗っているのと同じです。普段から清潔を保てるように気を付けましょう。

徹夜ばかりしていたらニキビ面になってしまいました。
私は結構ニキビになりやすいので、わずかでも肌に負担を掛けるとブツブツ顔になるのです。
だからどんなに忙しくても、できる限り早く寝て十分に休むように頑張っています。ニキビの大敵は睡眠不足だと思います。
ニキビがひどくなって炎症をおこすと、洗顔などで少し指で触っただけでも痛いと感じるようになります。



ですから、炎症を起こしている場合は、どれほど気になったとしても決して指で触ってはいけません。


阪井一生だけどロペスブログ

指で触ると痛いだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。ニキビは体内に摂取したものと非常につながっています。
食生活を見直すことはニキビが減ることにもつながります。
食事は野菜を中心にしたメニューにして、できるだけビタミンやミネラルを取るように心がけましょう野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消の見地から言っても、ニキビを減らす効果があります。
ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使用してのピーリングをしています。ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。
そのため、なんだか怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。それ以来、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。吹き出物を防ぐために、朝食で、果物を摂取するようにしています。その時期の旬のフルーツをどんなことがあっても摂取しています。果物を摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。

便秘が治ったのも、吹き出物ができなくなった理由の一つと推定できるかもしれません。